Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,斜光

写真投稿・共有アプリ「Instagram」は今や世界No.1と言えるSNSへと成長を遂げ、私たちの生活の一部として溶け込んでいます。

そして多くのインスタ利用者が「インスタ映え」な写真を撮りたい!と願っていると思いますが、実はその撮影時に大切なのは「光」です。

そこで今回は「インスタ映えする写真を撮る時に大切な“光の当て方”」をまとめてみました!Instagram初心者の方・カメラ初心者の方でも、まずはここをしっかり押さえておきたいというポイントを簡潔に整理してみたので、ぜひチェックしてみてくださいね!

なぜ「光の当て方」が大事なの?

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,光

まず最初に、インスタ映えな写真においてなぜ「光の当て方」が大切なのかについて触れておくと、これは光の当て方によって“被写体の立体感”が大きく変わってくるからです。

人は多くの場合、のっぺりとした平坦な写真よりも立体感のある写真の方が印象的(=インスタ映え)に感じます。そしてその立体感というのは、光が被写体に当たった時の「影」によって作られます。

例えば下の写真は、被写体(その写真における主役)であるコップに対して正面から光が当たっているので、当たった部分全てが明るく照らされ、“影”はほとんど見えません(被写体の奥に影が出ていて見えない)。このような状態だと、被写体がやや平坦に見えます。

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,順光

一方、下の写真は被写体であるコップの背後から光が当たっていてコップの手前に「影」が現れているため、被写体がより立体的に見えます。

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,逆光

1つ目と2つ目の写真を見比べてみた時に、おそらく多くの方が下の写真の方が印象的(=インスタ映え)に感じるのではないでしょうか。それは被写体に影が現れていて、より立体的に見えるためです。

このように立体感の有無によって、印象的に感じるかどうか・グッとくる写真かどうかが変わってくるので、「光の当て方」がとても重要になるのです。

「光の当て方」の種類

光の当て方(当たり方)にはいくつか種類があります。それを簡単にまとめると以下の4つです。
それぞれどのような光の当て方なのか、どのような特徴があるのかは、次項よりもう少し詳しく説明します。

光の当て方(当たり方)の種類
①順光
②逆光
③サイド光
④斜光

①順光

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,順光

一番オーソドックスな光の当て方・当たり方が「順光」です。これは被写体に対し、正面(カメラ側)から当たる光のこと。

全体が明るく照らされるので、被写体の色や形がはっきり出るのが大きな特徴です。ただし、その反面影が少なくなるため全体的に平坦でのっぺりとした印象の写真に見えやすくなります。

②逆光

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,逆光

正面から当たる光「順光」に対して、被写体の背後から当たる光のことを「逆光」と言います。逆光はふんわりとした柔らかい雰囲気が出しやすいため、人物に限らず、モノの撮影にも適している光の当たり方です。

ただし、被写体の手前側に強く影が出るため、全体的に暗い印象になったり、被写体が見えづらくなることもあるため、露出の調整など撮影には工夫が必要になります。

③サイド光

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,サイド光

被写体の横から当たる光は「サイド光」と呼ばれます。この光の当たり方は立体感や質感を表現するのに向いています。明暗がはっきりとした、メリハリのある描写を表現することができるのが特徴です。

④斜光

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,斜光

「斜光」は、被写体に対し斜め後ろから当たる光のことを指します。逆光とサイド光の中間あたりに位置する光の当たり方で、左右の手前側に影が現れます。

この光はサイド光と同様、立体感や質感を表現するのに向いていますが、より“ドラマチック”な雰囲気を感じやすい光の当たり方だと言われています。

インスタ映えな写真は背後から光を当てるのがオススメ

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,斜光

光の当たり方には以上のような種類があるわけですが、その中でインスタ映えな写真を撮りたいときは、背後から光が当たる②逆光や④斜光での撮影がオススメです。

前述の通り、背後から光が当たるとカメラ側(手前側)に影が現れるため、被写体に立体感を感じやすくなります。そして逆光であればフワリとした雰囲気の写真、斜光であればよりドラマチックな雰囲気の写真に仕上がるので、見た時にグッとくる印象的な写真にすることができるでしょう。

Instagram,インスタグラム,インスタ映え,撮り方,斜光

特に斜光での撮影はオススメ。逆光は被写体の影がかなり強く現れるため、撮影時の露出・明るさの調整がやや難しく、カメラ初心者の方には少し難易度が高めです。

斜光であれば影の割合がもう少し少なくなりますし、露出調整が比較的簡単なので、インスタ・カメラを始めたばかりの方は、まず斜光を意識して撮影してみると良いのではないでしょうか。

斜光をうまく使いこなせるようになると料理の写真なども一気にインスタ映えな見栄えになっていきますよ!

まとめ:光の当たり方を意識するだけでガラリと写真の印象が変わる!

Instagramやカメラを始めたばかりの時などは「どうしたらもっと良い写真が撮れるのか」悩んでしまうことも多いと思いますが、まずは光の当たり方・当て方を意識して撮影してみるのがオススメです。

被写体に対して光の当たり方が変わるだけで大きく写真の印象も変わってくるので、撮影位置や光源(太陽、照明など)の位置などを色々と変えてみて、様々な角度から撮って練習してみましょう!そうすれば写真のレベルもグンと上がってくること間違いなしです。

この店舗が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事